色々な理由で現在無職という人がいます。
しかしこういう人も生活している以上お金が必要です。
現在ではカードローンのような一定の収入さえあれば簡単に借りられるようなローンがありますが、無職と言うことになると銀行も大手消費者金融も審査を通しません。
しかし中小の消費者金融の中には大手と差別化するために無職の人にも即日融資するというところは存在します。
しかし借入のポイントは返済できるかどうかと言うことになりますから、貸してくれるからと言っても安易に借りてはいけません。
まず注意しておかなければならないのは貸金業法の改正で総量規制が設けられたことです。
この規制では貸金業からの借入は全部合わせて年収の3分の1までと規定されています。
このため収入の無い無職の場合にはこの規定が適用されると借入は困難になります。
しかしこの規定は50万円までは適用されません。このため多くの金融機関で50万円までの場合収入の証明書を出さなくて良いことになっています。
したがって50万円までなら無職であっても法的には借入は可能です。
そうかといって全ての金融機関で借りられるわけではありません。
法的にOKでも金融機関自体の審査基準では無職の場合審査を通さないとなっている所は沢山あります。
無職でも貸すというような宣伝文句を使っているところをあたるしかありません。
そういうところを見つけたとしても多くの場合、50万円は無理で10万円程度になることは覚悟しておいてください。
それでは困るという人もいるかもしれませんが贅沢を言っても始まりません。

 

今の世の中、安心して就職できる職場ってものすごく少なくなってきている気がする。

終身雇用も確実じゃないし、給料も必ず上がっていくとは限らないし。

企業に所属して、イヤなこともガマンして、それでも安定が得られないと言うのなら、思い切って自身で起業するというのも有りじゃない?

自分で起業すれば、学歴も何も関係ない。

きついこともあるかもしれないけど、それはすべて自分で決定したこと。

納得いかないことをしぶしぶやるよりも、自分でこうと決めてやることのほうが、同じきつさでもずっと耐えられると思う。

ただ、起業に当たっては、情報収集が必要ですよね。

創業支援を税理士さんに相談するというのもひとつの方法かも。創業の規模によるけど、いろいろと整備していかないといけないことがあります。

税理士と言っても得意分野はそれぞれ違いますから、創業支援を専門にやっているところがいいですよね。

会社設立にかんする手続き、また起業時の融資や助成金の相談にも乗ってもらえます。起業してからも、給与計算、税務処理など、いざというとき相談できるところがあるのは、心強いですね。